2014年8月23日
RSS

次世代プロファイルマネジメントで セキュリティとマイグレーション
そしてマルチデバイス の世界へ

ユーザーデータをエンドポイント端末から分離してファイルサーバー上で集中管理。端末のローカルディスクにはデータを残さず、情報漏えいを防止します。サーバー上のユーザーデータはOSの壁を越えて利用することが可能です。

 

製品情報
ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2008 受賞プロダクトRSA Conference Award 特別賞第23回りそな中小企業優秀新技術・新製品賞 優秀賞

Eugrid Platformの基本 – ユーザープロファイル分離 -

ユーザープロファイルの分離と仮想化Eugrid Platform(旧称: Eugrid SecureClient)では、ユーザーのプロファイルはPCからすべて抜き出され、社内ファイルサーバーやクラウド(データセンター)に保存されます。

ユーザーがPCにログオンすると、クラウド上のユーザープロファイルが動的にリンクされ、ユーザーはあたかもすべての情報が利用中のPCに存在しているかのように利用できます。PCには一切のユーザーデータが存在しません。

ユーザーとPCが完全に分離され、中央管理可能となることで、多くのメリットが生まれることになります。

PC運用管理の簡素化、コストダウン

Eugrid Platformを利用すると、PC内にはユーザが利用する情報や設定内容などが一切残りません。そのためOSの入れ替えなども、シンプルに上書きですんでしまいます。また、ハードディスクのクラッシュなどでも、単純にPCの入れ替えで終わりです。

全ての運用管理の面で、単純化と対応時間の短縮が可能で、管理者の手間を大幅に減らしコストを下げます。

また、センターで一括管理されるユーザのデータは、PCに比べ遥かに強固なデバイスと環境におかれ、安全性が飛躍的に高まります。さらに、バックアップなども一元ででき、BCPやDRなどにも対応します。

Windows 7への移行 – OS間互換性 -

Eugrid PlatformはユーザープロファイルとPCデバイスを分離し、遠隔に保存するだけではありません。 Windows XPとWindows 7のプロファイル構造差を吸収することで、同じユーザープロファイルで異なるOS間を自由に行き来できるようになっています。

先ほどまでWindows XPを使っていたユーザーが、次の瞬間からWindows 7を活用することが可能です。 移行に必要なステップはたった一つ。ログオンするだけです。Windows 7側で行った変更をWindows XPの環境に戻って参照することもできるため、移行期間中の柔軟な並行運用が可能です。

モバイルでもしっかりガード

モバイルからでも自分の環境に安全にアクセスEugrid Platform モバイルオプションがあれば、外出先での作業も安心です。

「仮想デスクトップ」を使えば、持ち出しPCの内蔵ディスクには一切データを残さず、RAM上に安全な作業領域を確保してログオンすることができます。VPN等で社内のデータにアクセスしても、ログオフや電源OFFで作業領域のデータが抹消されるため、PCに情報が残りません。

「オフライン」でも安心です。ポリシーによって許可されていれば、特別に保護されたUSBを使って社内の自分のデータを安全に持ち出すことができます。社外で持ち出しPCを使って作業した内容はすべてこの保護USBに保存されるため、PCに情報を残しません。 また、この保護USBは正規に認証されたPC以外では読み取ることができず、フォーマット以外の操作ができないため安心です。

モバイルソリューションにご興味をお持ちの方は、

»製品情報: Eugrid SecureDesktop

もご覧ください。

動画解説

エンドポイントBCP事例解説

現在、Eugrid Platformを利用してユーザー様が実現中のエンドポイントBCP(代替オフィスでの業務継続、計画停電への対応、在宅勤務)事例を解説。手軽に柔軟性と安全性を確保­する事例をご紹介します。

スクリーンショット

ポリシーの設定
管理コンソール – ポリシーの設定

ポリシーの設定: 詳細
管理コンソール – ポリシーの内容

その他の設定
管理コンソール – その他の設定

ユーザーログオン後
ユーザーデスクトップ – 今までのPC環境と変わらない使い勝手を実現。

ログオンタイプの選択
外出先でのログオン – ネットワークにアクセスできない場面では、仮想デスクトップ、オフラインの2つのログオンタイプでモバイル利用をサポートします。

仮想デスクトップ
仮想デスクトップ – RAM上にログオン領域を確保、揮発性の安全なデスクトップ。

ログオンタイプの切り替え
オフラインログオンへの切り替え – 保護されたUSBに自分のプロファイルを安全に持ち出し。
動作環境
クライアント側OS
  • Windows XP Professional SP2以上
  • Windows Vista Business SP2以上
  • Windows 7 Professional以上 (32bit)
クライアント側メモリー・ディスク容量 OS推奨容量 + 150MB以上の空き容量
サーバー側OS
  • Windows Server 2003 / 2003 R2
  • Windows Server 2008 / 2008 R2 (32/64bit)
サーバー側メモリー容量 OS推奨容量に従う。
サーバー側ディスク容量 OS推奨容量 + 100MB + ログ保存用領域以上の空き容量。
その他動作環境 Active Directoryを利用したドメイン環境下で稼動していること。
その他特記事項
  • 既存PCにインストール後、ユーザーデータは自動的に移行されます。
  • クライアントPCの更新はサーバーから一元的に配布・インストール可能です。
  • Windowsの移動プロファイルは同一PC上で同時には利用できません(Platformの機能により不要となります)。

»試用版のお申し込み

»お問い合わせ・資料請求