よくある質問

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. よくある質問

全般

TrueOfficeとは何ですか?

TrueOfficeとは、いつでもどこでもPCを活用できる、真のオフィスの実現を目的とした企業向け次世代シンクライアントです。

VDI(仮想デスクトップ)に代表される従来型シンクライアントとは異なるEugrid独自のアーキテクチャを採用し、セキュリティ向上やBCP・DR対策など、企業用PCプラットフォームとして必要なベネフィットを提供します。

今後も、社内社外を問わない真のモビリティを実現するために、進化を続けます。

ハイブリッド型シンクライアントは一般のシンクライアントと何が違うのですか?

VDI(仮想デスクトップ)に代表される一般のシンクライアントは、PCが本来ローカルに持つリソースを、すべてサーバーに持たせます。

ユーザーのキーボードやマウス入力がサーバーに送られ、アプリケーションはサーバーで処理されます。結果の画面だけがユーザーに返送されるという仕組みです。

このため、ユーザー端末はシンクライアント専用端末となり、アプリケーション処理のためのCPUやHDDが存在しません。

 

一方で、ハイブリッド型シンクライアントであるTrueOfficeは、通常のPCをそのままユーザー端末として利用します。

ユーザーデータはサーバーに保管されますが、アプリケーション処理は端末側のリソースで行います。

クライアント端末で処理を行い、ユーザーデータはサーバーに保存されるこのアーキテクチャは、ローカルとサーバーのリソースをバランスよく活用しているという意味で、Eugridではこれをハイブリッド型(ハイブリッドアーキテクチャ)と呼んでいます。

 

いずれの方式もデータを危険な形で端末に残さないという点では同じですが、そのアーキテクチャゆえのメリット・デメリットが存在します。

これはサービスなのですか?

TrueOfficeはサーバーソフトウェアとクライアントソフトウェアで構成されるソフトウェアシステムです。

 

ご契約後、ご要望に応じてオンプレミスもしくはクラウド上にサーバーを設置してご利用いただけます。

シンクライアントなのにオフラインでも使えるのですか?

ネットワークが不安定であったり、オフラインであっても普通のPCと同じように使い続けることができます。

 

通常、シンクライアントは画面転送プロトコルを用いるため、通信ができないオフライン時には操作が一切できなくなります。

TrueOfficeはファイルを端末にキャッシュし、端末のリソースを利用してOSとアプリケーションを動作させることで、オフライン時でも継続して使用可能です。(完全なオフライン時にキャッシュされていないファイルを開くことはできません)

同様のベネフィットを持つ競合製品やソリューションは何ですか?

TrueOfficeはハイブリッド型シンクライアントをベースとした企業向けPCプラットフォームとして、セキュリティ、モビリティ、BCPなどのベネフィットを提供します。

同様のベネフィットを提供するソリューションとして、VDI(仮想デスクトップ)やDaaS(仮想デスクトップサービス)が多くのケースで比較の対象となります。

それぞれのソリューションにはメリット・デメリットがあるため、自社の課題にマッチするかどうかを見極めることが大切です。

ライセンスについて

ライセンス形態はどうなっていますか?

サーバーライセンスとクライアントライセンスを年間サブスクリプション(年間利用料)としてご用意しています。

 

このサブスクリプションライセンスにはソフトウェアのアップデート権やサポート権(一般的なソフトウェア保守費用)が含まれています。

価格についてはお気軽にお問い合わせください。

無償評価版はありますか?

無償評価版はご提供していません。

 

TrueOfficeを正しくご理解いただき、最大の効果を得ていただくために、導入前コンサルティングを含んだ有償検証支援パッケージの購入を必須とさせていただいています。

このパッケージには短期間のサーバー(オンプレミスもしくはクラウド)およびTrueOfficeライセンスの費用も含まれており、すぐに検証を開始することができます。

 

導入はどのようなプロセスになりますか?

TrueOfficeを最適な形でご利用いただくために、Eugridではお客様環境での導入前検証を重視しています。

検証ではお客様と共同で、エンドユーザーの使い方、運用、業務アプリケーション動作などをしっかりと確認し、本番導入の障壁を取り除きます。

本番導入はサーバーの設計と構築、クライアントの展開と移行が必要になります。

おおまかな導入コスト、運用コストは?

パブリッククラウドを利用し、TrueOfficeを150ユーザーで利用した場合の参考コストをご紹介します。

 (*あくまで参考価格となりますので、お客様に合った構成や必要ライセンス等についてはお問い合わせください)

 

 導入前検証支援サービス : 300,000円/1回

Eugridのコンサルタントが直接お客様とお会いし、TrueOfficeがどのようにお客様のお役に立てるかをお客様と共に検討します。

また、TrueOfficeの検証環境を構築し、1ヵ月間のパイロット運用を行っていただくことで、使用感や各種課題を確認します。

・検証用TrueOfficeサーバー・クライアントライセンス

・検証用サーバー環境(オンプレミス版・クラウド版)

 

TrueOfficeサーバー基盤 : 1,180,000円/年

導入前検証支援サービス後、本番導入用の基盤をご用意いただきます。

本ケースでは、パブリッククラウドにTrueOffice用のサーバーを下記の条件で用意しています。

・A社パブリッククラウド 1サーバーインスタンス

・1ユーザーあたり10GBのストレージ(合計1.5TB)

・1ユーザーあたりのデータ転送量 7GB/月

・月次スナップショット、最大3世代保管

 

TrueOfficeライセンス(年間使用料) : 2,940,000円/年

TrueOfficeソフトウェアのライセンスです。年間サブスクリプションとして保守費用が含まれています。

・TrueOffice サーバー 1インスタンス (1インスタンス 420,000円/年)

・TrueOffice クライアント 150ユーザー (1ユーザー 16,800円/年)

 

年額合計 4,120,000円/年
参考:月額換算1ユーザーあたり 2,288円/月

 

セキュリティ向上、データ消失保護、運用管理性向上、モビリティ強化による生産性向上と確実な費用削減が、このコストで実現可能です。

 

効果の例

  • ・50億円の損害賠償を防ぐ。
    • TrueOffice前:USBディスクやPC紛失による1000万件の個人情報漏洩に対し、1件あたり500円の補償を行う。
    • TrueOffice後:USBディスクへの書き出しやハードディスクへの平文書き込みを禁止し、漏洩を防ぐ。

 

  • ・4日間かかったPC復旧を、1時間以内に。
    • TrueOffice前:地方拠点から本社情報システム部へPCを送付。データのサルベージ、PCの修理もしくは交換後に返送。
    • TrueOffice後:地方拠点に予備PCを配備し、故障時にはユーザーがログオンするだけ。故障PCは拠点からメーカーに修理依頼。

 

  • ・直行直帰で費用を削減。
    • TrueOffice前:モバイルPCを許可していないため、報告書作成などのために一度オフィスに戻り、作業後に帰宅。
    • TrueOffice後:出先や自宅で作業を行う。移動費用や残業費用を確実に削減。

機能、仕様について

どのアプリケーションでも利用できるのですか?

TrueOfficeは、Microsoft Officeをはじめとする一般的なアプリケーションや、自社製のクライアントサーバーアプリケーションなど、ほとんどのアプリケーションに対応しています。

これは、TrueOfficeが特定のアプリケーション専用に作られたものではなく、Windows OSの深部で動作し、アプリケーションを問わない汎用的なプラットフォームとして設計されているからです。

具体的には、HDDやSSDなどのディスクに近いレイヤーで制御を行うため、ほとんどのアプリケーションに自動的に対応することが可能になっています。

このため結果的に、ごく普通のローカルアプリケーションのファイルの取り扱い(読み出し・保存)が、自動的にクラウド化されるという大きな効果があります。

 

* 非常に大きなファイルを扱うアプリケーションや特殊なセキュリティ系ソフトウェアなど、設計によってはTrueOfficeのアーキテクチャとの相性がよくないケースがあります。これらのアプリケーションの動作確認は導入前検証にて行われます。

端末にはどのようにデータをキャッシュしているのですか?

TrueOfficeのハイブリッドアーキテクチャは、ユーザーのファイルを安全な形で端末にキャッシュすることで、シンクライアント同等のセキュリティを実現しています。

 

キャッシュには二通りあります。

端末のハードディスクやSSDには一切データを保存しないRAMキャッシュと、一定期間だけ暗号化して保存する時限暗号キャッシュです。

それぞれのメリットがあるため、用途によってキャッシュ方法を決定します。

USBメモリやAndroid端末への書き込みを防げますか?

防ぐことができます。

 

TrueOfficeは通常のシンクライアントと同様に、ユーザーデータを端末の外に出さないことを重視しています。

その実現のため、USBメモリやAndroid端末への書き込みをブロックする機能を搭載しています。

アプリケーションはどこにインストールされているのですか?

通常のシンクライアントと異なり、TrueOfficeではアプリケーションとOSは端末のハードディスクやSSDにインストールされます。

端末にウイルス対策は必要ですか?

必要です。

 

画面転送専用のシンクライアント端末と異なり、通常のPCと同様にアンチウイルスソフトウェアの導入が必要です。

Windows Updateやウイルスパターンのアップデートはどうなりますか?

通常のPCと同様に適用されます。

 

TrueOfficeはユーザー権限による書き込みだけを保護し、Windows Updateやウイルスパターンのアップデートなど、システム権限で行われる書き込みは許可する仕組みを持っています。

Active Directoryとの連携は可能ですか?

可能です。

 

Windowsドメインアカウントによるログイン後、TrueOfficeにシングルサインオンすることができます。

管理コンソールにはどのような機能がありますか?

主に以下のような機能が提供されます。

 

* ユーザーの追加、削除、停止などのユーザーアカウントコントロール

* ポリシーの設定(USBデバイスの制御、キャッシュ設定、同期設定など)

* デバイスの検索表示、停止など

* ログの検索表示

管理はどのように行いますか?

Webベースの管理者用コンソールを使用します。

 

中央から各種ポリシーを配布したり、ユーザーアカウントのコントロールをすることができます。

USBデバイスやプリンターなどは使えますか?

通常のPCと同様に使用できます。

 

USB接続のプリンター、ネットワークプリンター、スキャナー、特殊な測定器など、通常のPCと同様に扱うことができます。

動画再生や音声通話などは快適に扱えますか?

TrueOfficeはアプリケーションの処理を端末側で行うため、普通のPCと同様に動画や音声を扱うことができます。

ビデオ会議、ストリーミング動画再生のほかにも、画像処理ソフトウェアや二次元CADといった高パフォーマンスを要求するアプリケーションもネイティブで動作します。

向いていない用途や主な制限事項は何ですか?

TrueOfficeはVDIのようなシンクライアントよりも、通常のPCに近いアーキテクチャを採用しています。

このため、VDIのように自宅PCやホテルのレンタルPCから使用するような用途には不向きです。また、端末のハードウェアやOSも含めた中央管理を実施することはできません。

 

ファイルを端末とサーバー間で同期するというアーキテクチャ上、非常に大きなファイル(数百MB~)を常時扱うようなケースでは注意が必要となります。

動作環境について

対応クライアントOSと必要スペックは何ですか?

TrueOfficeはWindows OSに対応しています。

Mac OS、iOS、Androidでは使用できません。

 

端末の必要スペックはOS推奨スペックに準じます。

より快適な動作のためには4GB以上のRAM(共有VRAMを含まず)と高速なローカルディスクを推奨します。

(用途によって推奨スペックは変化します)

サーバー環境はどうなっていますか?

TrueOfficeは多くの処理を端末側で行うため、サーバーはVDIなどのシンクライアントシステムと比較して非常にシンプルです。

 

TrueOfficeクライアントからのリクエストを受けるフロントエンド、ポリシーやログなどを管理するデータベース、そしてユーザーデータを保管するファイルサーバーで構成されます。

すべてを一台のサーバーに集約することも可能ですし、ファイルサーバーだけを外部のNASとすることも可能です。

 

サーバーOSはWindows Server 2008 R2 SP1以降、データベースはMicrosoft SQL Server 2008 R2 SP1以降に対応しています。ファイルサーバーはWindows共有フォルダとして利用可能なWindows ServerもしくはNASが利用できます。

サーバーはオンプレミス、クラウドの両方に対応していますか?

対応しています。

 

オンプレミスの実機サーバーと仮想サーバー、Amazon EC2やMicrosoft Azureなどのクラウド仮想サーバーなど、ご要望にあった環境をお選びいただけます。

サーバーのスペックはどれくらい必要ですか?

すべてをサーバー側で処理するVDIと異なり、高性能なサーバーは必要ありません。

一般的なPCサーバーであれば、一台で1,000ユーザー以上をサポートすることができます。(冗長化、回線、ストレージ容量などは除く)

 

サーバーの主な役割はユーザーデータの保存ですので、ユーザーあたりの容量×ユーザー数のストレージが必要になります。

また、同時利用ユーザー数によってサーバー側の必要回線帯域は変化します。

クライアントとサーバー間の通信はどうなっていますか?

クライアントとサーバーはHTTPSもしくはHTTPで通信します。

CIFS(Windows共有)などのプロトコルと比較すると、海外など遅延の大きい遠隔地でも安定した動作が見込まれます。

社内LANや高速Wifiなど、回線が高速であればより快適に動作します。

競合する可能性のあるソフトウェアはありますか?

TrueOfficeはそのアーキテクチャ上、以下のようなタイプの製品については事前に検証が必要です。

 

* ディスクへの書き込みを制御するデバイス制御系セキュリティソフトウェア(資産管理系ソフトウェアにも同様の機能が搭載されていることがあります)

* Windowsログオン認証系システム(指紋認証やカード認証)

その他

海外での使用は可能ですか?

TrueOfficeは内部で暗号機能が利用されていますが、外為該非判定が「非該当」となっている製品です。このため、一般的な業種における海外出張においては輸出許可なく利用できます。

ただし、お客様の行き先や用途によっては許可が必要なケースに該当する可能性がありますので、かならずお客様の責任において必要な情報収集と判断を行ってください。法令により輸出時の該非判定の最終責任は、お客様に発生する事にご注意ください

該非判定書(パラメータシート)が必要な場合は発行することが可能ですので、お問い合わせください。

 

また、持ち出し先の国(中国、ロシアなど)によっては受入国の規制が適用される場合があります。

当社では輸出に関する責任を負いかねますので、必ず受入国側の輸入に関する規制等については各国大使館や経済産業省にお問い合わせください。

特に中国については暗号化/VPN/HTTPSなどの扱いが流動的かつ不透明であることから、注意が必要です。

お客様のご利用方法によっては設定で対応が可能な場合もありますので、一度お問い合わせください。 

 

参考:

経済産業省 安全保障貿易管理 : http://www.cistec.or.jp/export/faq/qa.pdf

一般財団法人 安全保障貿易情報センター : http://www.meti.go.jp/policy/anpo/index.html

 

 

PAGETOP