シンクライアント・ソリューションはなぜハイブリッド型なのか

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. シンクライアント・ソリューションはなぜハイブリッド型なのか

なぜハイブリッド型シンクライアントなのか

企業の情報漏洩に対する意識の高まりや東日本大震災以降のBCP対策への取り組みなどを背景に、シンクライアント・ソリューションの導入を検討している企業が増えてきています。

シンクライアント化は、セキュリティ維持やデータの一元管理、災害時の自宅作業、遠隔地へのバックアップ等、企業にとって得られるメリットは非常に大きいと言えます。

シンクライアント化を検討中の方に向けて、本コラムでは、シンクライアント・ソリューションについて解説をさせていただきます。

代表的なシンクライアント・ソリューション ~オンプレミス型VDIとDaaS~

シンクライアント実現のためのソリューションとして、最もメジャーなのはオンプレミス型VDIでしょう。ただ、オンプレミス型VDI導入のためには、高額なサーバー導入、ネットワーク機器などへのインフラへの投資など初期導入コストが莫大になる上に、その後の運用コストも非常に大きく、コスト面が大きなハードルになります。

そこで検討対象に入ってくるのがDaaSです。仮想デスクトップをクラウドサービスプロバイダーにアウトソースしてしまう形式で、オンプレミス型VDIと比較すると、初期導入コストを抑え、スピーディーに導入することができます。また、運用を外部委託してしまうことで運用コストも削減することができることから、昨今のクラウドサービスに対する信頼性の向上を背景に、シンクライアント実現の方法の1つとして導入を検討されることが多くなっています。

 

 

 

従来型のシンクライアントの限界

オンプレミス型VDI、DaaSともに共通の問題を抱えています。
それは、仮想デスクトップはサーバーに全ての処理を集約するという動作原理から、「ユーザー1人あたりのリソースが小さくなりPCパフォーマンスが下がる」「サーバーやネットワークに障害が発生すると全ユーザーの業務が停止する等のリスクを抱える」等です。
また、外部デバイスの利用制限が発生することも多く、シンクライアント化によってユーザーの利便性が損なわれ、全社的な生産性の低下を招くリスクがあります。

ハイブリッド型シンクライアント「TrueOffice」

これらの問題を解決するために生み出されたシンクライアント・ソリューションがハイブリッド型シンクライアント「TrueOffice」です。
ローカルPCのリソースはフルに活用するが、情報漏えいの元となるユーザーデータだけはローカルPCに残さない。その代わりに、ユーザーデータの保存場所としてサーバーを使用する。そうすれば、ユーザーの使い勝手が犠牲にならない、高セキュリティかつ高管理性なPC環境が成立するのではないかという発想です。

Eugridでは、ソフトウェアシンクライアントのリーダーとして約10年間蓄積した高度なソフトウェア技術を駆使し、ローカルPCとサーバーという二つの異なるリソースのハイブリッド化を達成。この独自の発想を製品化することに、世界で初めて成功しました。

TrueOffice

  • ユーザーのデータだけをサーバーに保存。
  • ハードウェア、アプリケーション、OSはすべてクライアント端末側を活用するハイブリッド構成。

VDI、DaaSのアーキテクチャ

  • 本来クライアント端末がもつ機能をすべてサーバーに集約。
  • クライアント端末はサーバーに入力を送り、画面イメージを受信するのみ。

TrueOffice はローカルPC のリソースをそのまま活用し、アプリケーションはすべてローカルPC 内で実行されます。ユーザーデータだけをサーバーに集約するというハイブリッドアーキテクチャを採用することで以下のような様々なメリットを実現しています。

情報漏洩の防止 データの消失防止と一元管理 PCパフォーマンスの維持 オフライン利用と耐障害性 高いコスト効率

ハイブリッド型シンクライアント「TrueOffice」であれば、セキュリティ、バックアップ、集約管理効果を得るために、ユーザーの利便性を犠牲にする必要はありません。

低コストで、いつでもどこでも安心してPCを使える環境を実現する、全く新しい企業用PCプラットフォームです。

PAGETOP