改正個人情報保護法に備える - P-PointerとTrueOfficeの連携

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. 改正個人情報保護法に備える - P-PointerとTrueOfficeの連携

改正個人情報保護法に備える - P-PointerとTrueOfficeの連携

改正個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)の全面施行が2017年5月30日に予定されています。

この改正において個人情報の保有件数が5000以下の事業者も対象となることから、事実上すべての企業が本法に備える必要があります。

 

個人情報を保護するには自社の業務における個人情報の取り扱いケースを改めて見直し、全社的なセキュリティポリシーの設定と従業員リテラシーの向上教育が必要です。とは言うものの、近年の高度なIT化により個人情報はネットワークを伝って社内のいたるところに分散しており、各従業員の日頃の注意だけでは十分な把握とコントロールは不可能です。

個人情報の検出・管理ソリューション P-Pointer File Security


▲クリックで拡大します。

アララ株式会社が提供する P-Pointer File Security はPCやファイルサーバーの中から、保管ルールに違反している個人情報ファイルを検出し、然るべき対処を施す個人情報ファイル検出・管理ソリューションです。企業のファイル管理ポリシーに合わせた情報漏洩対策の運用をシステム化することで、上述の問題に対処することが可能となっています。

TrueOfficeとの連携による情報ガバナンス

P-Pointerは検索用のエージェントをPCもしくはファイルサーバーにインストールすることができます。
TrueOffice環境の場合、Eugrid HybridArchitecture® によりユーザーデータはすでに
TrueOffice Server(ファイルサーバー)に集約保存されているため、サーバーのみが検索対象となります。
これにより、P-PointerとTrueOfficeの連携利用には下記の利点が生じます。

 

  • 全ユーザーデータが集まっているTrueOffice Serverを検索の対象とすることで、一度の検索で全社を対象とした
    個人情報の棚卸と対処が可能。また、サーバー内で削除などの対応処理が完結する。
  •  
  • エージェントのインストール先はサーバーのみ。PC用エージェント配布管理負荷を低減
  •  
  • ユーザーデータの漏えい防止・消失防止・分散防止を実現するユーザーデータの中央集約(TrueOffice)と
    個人情報の把握コントロール(P-Pointer)を同時に実現することで、最高レベルの情報ガバナンスが実現。

 

P-Pointer File Security と TrueOffice の連携導入により、通常のPCだけでは得られない、
次世代情報ガバナンスのパワーをぜひ手に入れてください。

PAGETOP