ランサムウェア対策としてのTrueOffice

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. ランサムウェア対策としてのTrueOffice

ランサムウェア対策としてのTrueOffice

マルウェアの一種であるランサムウェアは、攻撃対象者のデータを暗号化などによってアクセス不能とし、復旧と引き換えに身代金(Ransom)の支払いを要求します。

 

現在のマーケットにはランサムウェアを含めた多種多様な脅威への対応を謳うマルウェア対策ソフトウェアが多数存在しますが、パターンファイルや振る舞いの検知といった手法だけでは被害を100%未然に防ぐことが極めて困難になっています。


▲クリックで拡大します。

TrueOfficeはマルウェア対策ソフトウェアという位置づけではないものの、Eugrid HybridArchitecture® がもたらすユーザデータのコントロールが、シンプルで強力な事後対応を可能とします。

 

TrueOffice環境下においてユーザーのデスクトップやマイドキュメントなどのファイルは、端末ではなくTrueOfficeサーバーに置かれます。このため、サーバー側で一括バックアップを用意に取得することができます。

Windows Serverに標準搭載されているシャドウコピー(Shadow Copy)[*スクリーンショット]、サードパーティー製のバックアップソフトウェア、あるいはNASのバックアップ機能を活用することで、ランサムウェアによってデータが改変される前の状態に容易に戻すことができます。

 

未然に防ぐ努力をした上で、もし感染したとしても復旧が可能な環境を持つことが大きな安心感につながります。

 

このように、TrueOfficeはデータを端末に残す・残さないという単機能なセキュリティツールではなく、データの消失対策としても活躍する次世代のPC用プラットフォームとなっています。

 

合わせてお読みください。

---->クラウドストレージやバックアップソフトウェアとの違い

PAGETOP