ミニケース「外出先で安全にOffice365を使いたい」

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. ミニケース「外出先で安全にOffice365を使いたい」

ミニケース「外出先で安全にOffice365を使いたい」

様々な企業ITリソースのクラウド化が急激に進んでいます。

AWSやAzureなどのクラウド基盤上で仮想サーバーを利用するだけではなく、ファイル共有システムやメールシステムのクラウド化も顕著です。

 

Microsoft社のOffice 365はクラウド上で提供されるオフィススイートです。メールシステム(Exchange Online)や共有システム(SharePoint Online)など、企業にとって中核をなすシステムも提供されています。ウェブブラウザでも利用可能なことから従来と比べてシステム全体が軽量となり、ワークスタイル変革やモバイル利用を念頭に置いて採用する企業が増えています。

データがコントロールできない

いつでもどこでも社内リソースにアクセスが可能となり便利になる一方、データのコントロールは
より難しくなりました。
各ユーザーはブラウザだけで仕事するわけではないため、クラウドからメール添付ファイルや共有されたファイルを
ダウンロードします。しばらくするとPCのローカルディスクは社内リソースの溜まり場となり、管理者として
今誰がどんなデータをPC内に持っているか把握ができないという状況に陥ります。
この状態でPCの紛失などが発生すると、何が入っていたか分からないことから最悪の状況を想定することになり、
問題がとても大きく複雑になってしまいます。

TrueOfficeでコントロール

TrueOffice環境下でOffice 365などのクラウドシステムを利用すると、ダウンロードされたファイルは
ローカルディスクには危険な形で保存されません。また、今現在や紛失時などのファイル状況が
どうであったかの確認も可能となります。

リスクをコントロールした状態が維持され、最悪を想定する必要がなくなることで社内外問わず
Office 365を含めたPC環境を安心して活用することができます。

 

合わせてお読みください。

---->クラウドストレージやバックアップソフトウェアとの違い

PAGETOP