シンクライアントを導入するメリットとは?

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. シンクライアントを導入するメリットとは?

シンクライアントを導入するメリットは?

そもそも、なぜシンクライアントを導入するのでしょうか?

ファットクライアントでは対応できない課題やシンクライアントならではのメリットがあるのでしょうか?

 

本コラムではシンクライアントを導入することで得られるメリットについて解説します。

 

シンクライアントのメリットはさまざまですが、導入の理由は大きく以下の3つに分類することができます。

1.セキュリティ向上
2.アクセス性向上
3.PC管理性向上

セキュリティ向上のメリット

コラム「シンクライアントとはなにか?」で解説しましたように、画面転送型シンクライアントはすべての処理をサーバー側で行い、画面だけをユーザー端末に転送します。

このため、顧客個人情報や製品技術情報など、企業として守るべき機密データが各ユーザー端末に残りません。サーバーとの接続を停止してしまえば、端末から企業保有の情報にアクセスすることができなくなり、情報漏洩防止に大きな力を発揮するというメリットがあります。

アクセス性向上のメリット

シンクライアント端末とネットワークさえあれば、自宅、出張先など、どこからでも自分のPC環境にアクセスすることができます。また、画面転送型シンクライアントは必ずしも専用のシンクライアント端末を利用する必要はないため、個人所有PCやスマートフォンからでもBYOD利用することができます。

PC管理性向上のメリット

ユーザー端末側にはユーザー固有のデータや日常的な管理対象となるようなソフトウェア・ハードウェアがないため、IT管理者は中央に集約されたサーバーを管理するだけでよいというメリットがあります。

「PCの調子が悪い」といったユーザーからの問い合わせを受け、現場に駆けつけなければならないようなケースが減少します。

 

非常に魅力的なメリットを持つシンクライアントですが、デメリットやリスクなどはないのでしょうか?

 

さらに詳しく、次のコラムへ。

---->シンクライアント(VDI/DaaS)のデメリットやリスクとは?

PAGETOP