シンクライアントとは?

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. コラム/
  3. シンクライアントとは?

シンクライアントとはなにか?

本コラムでは、シンクライアントとはなにか、その意味と仕組みについて解説します。

意味

シンクライアントは英語でThin Clientと書きます。

 

この場合のClient(クライアント)はコンピューターのユーザー端末を意味しますが、「薄い、痩せた」クライアントとは一体どういう意味でしょうか。

 

※本コラムではシンクライアントとはシンクライアントシステム全体のことを指し、シンクライアント用の端末をシンクライアント端末と呼ぶこととします。

 

通常、PC(パソコン)と言えばCPU、メインメモリ、ハードディスク・SSD、ビデオカードなどのハードウェアがあり、そのうえにオペレーティングシステムやMicrosoft Officeなどのアプリケーションソフトウェアが搭載されています。当たり前ですが、電源さえあればいつでもどこでも独立して動作します。

一方で、シンクライアント端末はPCとして独立動作するにあたって本来必要なものが、端末の中にほとんど入っていません。ディスプレイ、マウス、キーボードはあるものの、通常のPC並みのCPU、メインメモリ、ディスク、OS、そしてアプリケーションを持っていません。端末の電源を入れても、ユーザーは何もできないのです。

これが、すべてを含んでいる通常のPCを「ファット(厚い、太った)」クライアントと呼び、シンクライアント端末が「シン(薄い、痩せた)」クライアントと呼ばれる直接の理由です。

仕組み

シンクライアント端末は単独で電源を入れただけでは何もできないのであれば、どのような仕組みで通常のPCと同等の動作を実現しているのでしょうか?

 

シンクライアントとは、本来端末側が担っていたはずの作業をサーバーに任せることで、あたかも手元で通常のPCを操っているかのように見せる仕組みを採用したシステムであると言えます。

・ユーザーのマウスやキーボードからの入力だけをサーバーに送る
・サーバー側で本来PCが行っていた処理を行う
・結果の画面をシンクライアント端末に送る

 

このような一連の動作を端末とサーバー間で絶えず繰り返すことで、仮想的なPC利用環境を作り出しています。
画面転送方式といい、この方式を採用するシンクライアントを画面転送型シンクライアントといいます。

 

画面転送方式を採用したシンクライアントのサーバー構築方式は複数存在しますが、現在もっとも代表的と言えるのが仮想デスクトップ方式です。

サーバーの中に仮想化されたクライアントOSを複数常駐させ、各ユーザーはその仮想的なPCを上述の画面転送を使って利用します。
この仕組み全体をVDI(デスクトップ仮想化)と呼びます。

 

新しい仕組みを採用したシンクライアント TrueOffice

TrueOfficeは画面転送方式でも、仮想デスクトップ方式でもない、Eugrid社独自の仕組みを利用した、まったく新しい形のシンクライアントです。
VDIのメリットの多くを実現しつつ、VDIならではのデメリットを克服することに成功しました。

 

PAGETOP