モバイルワークを実現

  1. ハイブリッド型シンクライアントTrueOffice:HOME/
  2. 課題解決例/
  3. モバイルワークを実現

モバイルワークを実現

課題

モバイルワークへの対応が必要だが、VDIやDaaSはコストが高い上に、導入作業が大変。
HDD暗号化は管理が煩雑で現実的ではない。何か良い解決策はないだろうか?

TrueOfficeが解決

TrueOfficeなら低コストで導入作業の負荷も抑えながらVDIやDaaSと同等以上のベネフィットが得られます。

PCのセキュリティ向上や集中管理を実現するため、VDIに代表されるシンクライアントは得られるベネフィットに対してコストが高くなり過ぎる傾向にあります。
Eugridは、ソフトウェアシンクライアントのリーダーとして約10年間蓄積した高度なソフトウェア技術を駆使し、ローカルPCとサーバーという二つの異なるリソースのハイブリッド化を達成。この独自の発想を製品化することに、世界で初めて成功しました。
VDIやDaaSと同等レベルのセキュリティやデータ集中管理を実現するとともに、導入コスト・導入負荷の大幅削減を可能になりました。

 TrueOfficeVDI、DaaSHDD暗号化
セキュリティ
データを危険な形で端末に残さず、USBも制御。
画面転送により、端末にデータを残さない。
暗号化されるものの、すべてのデータは端末にある。
バックアップ
ユーザーデータはサーバーに同期される。
ユーザーデータはサーバーにしか存在しない。
×
クライアント端末のみにデータが保存される。
データの集約管理
サーバーにユーザーデータが自動的に集約される。
全てのリソースをサーバーに集約。
×
クライアント端末のみにデータが保存される。
コスト(TCO)
VDI、DaaS対比1/3~1/10程度。
×
導入費用、運用費用等膨大なコストがかかる。
導入費用は抑えられるが、クライアント端末の管理コストが高くなる可能性がある。
導入の労力
シンプルな構成により、サーバーもクライアント端末も極めてスリムな構成。既存PCを利用の場合、移行作業が必要。
×
オンプレミスの場合は大きなサーバーやネットワークの新設が必要。DasSの場合であってもすべての環境を移行する作業が必要になる。
クライアント端末に設定を行うのみ。場合によっては導入時暗号処理に手間がかかる。
PC作業効率
クライアント端末のパフォーマンスを最大限に発揮。
×
サーバーに負荷が集中するため、PC並みのパフォーマンスは発揮できない。また、画面転送のためネットワークによってはユーザービリティが著しく低下する。
暗号化処理、復元処理を行うため、パフォーマンスが下がる可能性がある。
耐障害性
サーバーが停止してもユーザー業務が完全に停止しない。サーバーの冗長化も容易。
×
一つの機器故障やソフトウェアエラーで全クライアント端末が停止するリスクがある。サーバーの冗長化は困難。
サーバー停止による影響はないものの、故障時の復号トラブルなどリスクがある。

課題解決例

CASE01
モバイルワークを実現
CASE02
ワークスタイル変革への対応
CASE03
データの一元管理
CASE04
BCP、DRへの対応

PAGETOP